無添加石鹸の無添加とは?

無添加石鹸の無添加とは?

無添加石鹸などの「無添加」と言うフレーズを使うに当たっては明確な規格や法律は定められていません。一般的には旧厚生省が定めた「旧指定成分」が利用されていないものを「無添加」と言う事が多くなります。また、無添加と書かれているものでも、「防腐剤無添加」など一部のみ無添加のものがあり、これは添加物が一切入っていない「完全無添加」とは異なります。

旧厚生省が定めた旧指定成分

旧厚生省は1980年に「ごくまれにアレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分」として102種類の成分を「表示指定成分」と定めました。

以前はこれら「表示指定成分」を使用した化粧品は、パーッケージなどの成分一覧にその成分を記載する義務があったのですが、2001年の法改正により現在では使用されている成分は全て表記すると言うものに変わった事から、「表示指定成分」は「旧指定成分」と呼ばれるようになりました。

以前は「旧指定成分」が使用されていない化粧品を「無添加化粧品」と呼んでおり、洗顔石鹸も薬事法上化粧品に分類される事から、同じく「旧指定成分」が使用されていない石鹸は「無添加石鹸」と呼ばれるようになったと言う経緯があります。

石鹸に入っている添加物

石鹸自体は「石鹸素地(脂肪酸+水酸化ナトリウムまたは水酸化カリウム)」と「水」から出来ています。そのためそれ以外の成分が加えられていれば、それらは厳密に言えば添加物と言えなくもないですが、一般的には体にあまり良くない化学的な物質が加えられている場合、それらを指して添加物と言います。

そのため、石鹸によく利用されいてるハーブやハチミツなどの天然素材を添加物とは言いません。よくある添加物の例としては、防腐剤や人工香料、厚生界面活性剤など、本来体にとって必要がなく、多量に利用する事で多少なりとも害がある可能性がある物質を指します。それらは安全性よりも機能性(大量生産を容易にする、品質保持期間を延ばす、香りを付ける、泡立ちを良くする)を向上させる目的で利用されています。

無添加石鹸
好ましくない物質や添加物