無添加石鹸に合成界面活性剤は入っているの?

無添加石鹸には通常「合成界面活性剤」が使われている事はありません。また、「合成界面活性剤」がどんな物質かを知るにあたって、まずは「界面活性剤」が何なのかを知る必要があります。

界面活性剤とは読んで字のごとく、「界面」つまり物質と物質の境目を活性化し、混ざり合う状態にするものの事を界面活性剤と呼びます。石鹸や洗剤の場合は水と油の境界線を界面と呼ぶ事がほとんどでしょう。つまり、本来は混ざらないはずの水と油が界面活性剤により混ぜる事が出来るようになります。

日常的な例で言うと、手に付いた油汚れを水で流そうとしてもなかなか流れてくれませんが、石鹸などの界面活性力のあるものを利用すると水と油が混ざるため、流水と一緒に油を流す事が出来、おかげで手についた油を綺麗に落とす事が出来るようになります。

ここで本題です。「合成界面活性剤」が何かと言うと、石鹸のような天然の成分から作られた界面活性力のある物質とは違い、化学的に合成された界面活性剤が一般的に「合成界面活性剤」です。

この「合成界面活性剤」の利点は、界面活性力が高く、少量でも驚くほど油汚れを落としてくれます。しかし欠点としては、肌の必要な油まで根こそぎ落としてしまったり、科学的に合成されている成分のため、あまりに濃度が高いものは身体に有害だったりします。

そのため、過剰に反応する必要はありませんが、より健康の事を考えると科学的に合成された「合成界面活性剤」よりも天然の界面活性力がある石鹸を利用する方が身体に良いといえます。(今後研究が進むにつれて合成界面活性剤が有害と判断される可能性もゼロではありません、今現在、有害と指定されている成分でも昔は便利なものとして利用されていた物も少なくないためです)

無添加石鹸
好ましくない物質や添加物