無添加石鹸に防腐剤は入っているの?

無添加石鹸であれば、通常は石鹸素地と水意外のものが入っていないものを指すため、防腐剤は入っている事はありませんが、「防腐剤無添加」と書かれている石鹸の場合は反対に防腐剤と同等の効果がある別の物質が入っている可能性もあります。

つまり防腐剤と指定されていない物質でも防腐剤の役目を果たし、身体にもあまり良くない成分と言うものが中にはあると言う事です。無添加にこだわる場合は「防腐剤無添加」よりは完全な「無添加石鹸」を選びたいですね。

また市販の無添加石鹸が防腐剤を入れずに済む(防腐剤なしでも品質を保っていられる)のは、pH値を調整し、腐敗しにくいものを製品としているためです。そのため防腐剤が入っていないから腐りやすい(使用期間が短い)と言う訳ではありません。これは腐敗は微生物の繁殖が原因で進む性質を利用したもので、一般微生物の発生・生育にはpH値が3.0~10.0といわれている事から、pH値を10.0以上(アルカリ性より)に調整する事で防腐剤がなくとも腐敗しにくい石鹸を作る事が出来るのです。

その他、意外と知られていませんが、液体石鹸には防腐剤は入っていません。これは液体石鹸が弱アルカリ性のため通常の保管状態で変質する事が少ないためです。しかしながら極度に悪い環境(高温多湿や直射日光が当たり続けるような場所)では変質する事もあります。

無添加石鹸
好ましくない物質や添加物